保険会社は契約者の味方をする

交通事故の慰謝料!弁護士に依頼することでも高額になる可能性も?

交通事故を起こした、もしくは被害にあったという場合、多くの方は保険会社にその後の対応を依頼するのが一般的です。しかし、保険会社が査定する慰謝料と弁護士の基準とする慰謝料では乖離があり、弁護士に相談して対応することで高額な補償を受けることが可能です。
そもそも、保険会社が査定する慰謝料については自社の利益を考慮するといったベクトルが働きます。その結果、加害者側の保険会社は支払を抑えた金額を提示します。しかし、弁護士の場合、過去の交通事故の判例からどれだけの慰謝料が請求可能かを判定して、金額を提示します。そのため、保険会社との示談交渉に比べ支払額が高額となり、不利益を被ることがなくなります。
また、保険会社の場合、契約者に証言を優先するなど、契約者の弁護を優先します。その結果、人身事故といった場合でも相手に証言を考慮した判断となってしまいます。しかし、弁護士であれば、目撃情報や科学的な物証もしくは証拠を用い、正確な査定を行います。
もし、人身事故という交通事故の場合は自身を擁護してくれる弁護士に相談して、代理人として保険会社と交渉してもらうのがおすすめです。また、相談だけであれば、無料で対応してくれる法律事務所もあり、疑問に思うことも確認できます。

交通事故でケガをした!相手の保険会社が支払を打ち切ったときには?

もらい事故や人身事故と交通事故では、自身がケガをすることがあります。この場合、ケガに対する医療費の支払は加害者側の保険会社が支払うことになるものの、治療が長期化すると支払いを打ち切られることがあります。完治しない状態で支払いが打ち切られ、実費負担が生じる場合は速やかに弁護士に相談するのがおすすめです。
交通事故の対応を保険会社に任せてしまう人は多いものです。しかし、保険会社も慈善事業ではなく、ビジネスを行っており少しでも補償金を抑えようとしてきます。その結果、治療中にもかかわらず、支払が打ち切られ自身が不利益を被ることは少なくはありません。ですが、交通事故を専門とする弁護士に相談することで、加害者側の保険会社と交渉を行い不当に支払を打ち切られるというリスクが回避できます。例え、打ち切りになったとしても医師の判断を考慮して保険会社に支払交渉を行ってくれるため、安心して治療に専念することができます。
保険会社の支払については、加害者本人に交渉してもどうにもならないものの、弁護士に相談して介入したということであれば、保険会社も対応を見直さざるをえません。もし、保険会社が支払を打ち切るといった通知を送ってきた際は直ぐに弁護士へ相談を行いましょう。

カテゴリ

最新記事一覧

カレンダー

2018年11月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ピックアップ

精神的な安心感にもつながる弁護士の存在

交通事故の解決は法律の専門家の弁護士を頼ろう みなさんは、交通事故に遭った際にまず誰に連絡しますか?職場?パートナー? 不安な気持ちを聞いてもらいたい、一人では心細い、そんな気持ちもわかりますが、まず連絡…

もっと読む

被害を最小限に減らしてくれる弁護士事務所

交通事故にあってしまった時の為に覚えておきたい事 交通事故の被害にあった時に弁護士に相談する、という風に考える人よりも、保険会社に連絡して全て対処してもらう、という人の方が多いでしょう。しかしそれでは損する…

もっと読む

示談交渉でトラブルを避けるためにも弁護士は重要

仕事が忙しい時は弁護士に頼る 車はとても便利な乗り物ですが、様々な危険性もあります。中でも交通事故のトラブルは、たとえ自分が気をつけていていたとしても、誰にでも起こりうるものです。交通事故に遭ってしまった時…

もっと読む

保険会社は契約者の味方をする

交通事故の慰謝料!弁護士に依頼することでも高額になる可能性も? 交通事故を起こした、もしくは被害にあったという場合、多くの方は保険会社にその後の対応を依頼するのが一般的です。しかし、保険会社が査定する慰謝料…

もっと読む